PRESS RELEASE プレスリリース

2014年1月31日
クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社

10代~50代の男女2,000人に聞いた「バレンタインに関する意識調査」
今年のバレンタインは「モノより気持ち」
男性がほしいもの第1位は「メッセージ・手紙」
オフィスのバレンタインはイベント化!みんなでシェアして楽しむ時間に。
一方「本命・彼氏」、「夫」に求めるお返しは“3倍返し”!

バレンタインの時期に向けて、ドーナツ生地からオリジナルチョコレートレシピで作ったチョコドーナツシリーズ、“チョコリッチ コレクション”を販売しているクリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡本光太、以下:KKDJ)は、2014年1月24日(金)~2014年1月26日(日)に、KKDJの会員サービス『FriendsofKrispyKreme(以下:FOKK)』の10歳~59歳の会員男女を対象に「バレンタインに関する意識調査」を実施いたしました。

【調査背景】
本命の人に告白するだけでなく、会社の上司・同僚、同性の友人、ママ友など、様々な人にスイーツを贈るイベントとして定着しているバレンタイン。贈る相手、予算、プレゼント内容など、人によって事情やこだわりも様々です。そこで今回は、最新のバレンタイン事情を探るべく、意識調査を行いました。

【「バレンタインに関する意識調査」主な質問と主な回答】
1. チョコを渡す相手は家族がダントツ!
バレンタインチョコレートを贈る相手は、第1位「夫(50.8%)」、2位「友人(34.0%)」、3位「父親(31.4%)」という結果となりました。また、「自分の子供(15.0%)」、「家族(10.4%)」という回答も寄せられており、家族にバレンタインチョコレートを贈ることが主流になっていることがうかがえます。

2. オフィスのバレンタイン事情。意外にも義理チョコでもメッセージ付きがうれしい!
男性に「会社の同僚・部下から、スイーツ以外にどんなものをもらったら嬉しいですか?」とたずねたところ、第1位は「メッセージカード・手紙(36.2%)」となりました。義理チョコでも、日頃の感謝を込めたメッセージを添えると非常に喜ばれるようです。

3. 家族のバレンタイン事情。チョコに添えるギフトは妻とは一緒の時間、娘からはメッセージや手紙がほしい!
男性が「妻」に期待しているものは、第1位「一緒に食事(29.5%)」という結果に。ご主人は、ものではなく奥様と一緒に過ごす時間を求めているという傾向が見られました。また、「娘」からもらったら嬉しいものは、「メッセージカード・手紙(64.5%)」が圧倒的に第1位に。バレンタインは、普段なかなか言いづらいお父さんへの感謝の言葉をメッセージで贈る良い機会なのかもしれません。

4. 「本命・彼氏」、「夫」に求めるお返しは“3倍返し”!
ホワイトデーのお返しに期待する金額について女性にたずねたところ、「本命・彼氏」からの平均金額は「8,244円」、「仕事関係」からの平均金額は「1,081円」、「夫」からの平均金額は「7,073円」という結果となりました。「本命・彼氏」、「夫」に期待する金額は、バレンタインにあげた額の約3倍という回答も!

【調査結果】
多様化するバレンタイン
バレンタインは日頃の感謝の気持ちを伝える日に。
Q.バレンタイチョコートを誰に贈りますか?
image バレンタインチョコレートを贈る相手についてたずねたところ、女性全体では第1位「夫(50.8%)」、第2位「友人(34.0%)」、第3位「父親(31.4%)」という結果となりました。また、「自分の子供(15.0%)」、「家族(10.4%)」という回答も寄せられており、家族にバレンタインチョコレートを贈ることが主流になっていることがうかがえます。
オフィスのバレンタイン事情
オフィスチョコは「まとめて配る派」が半数以上
Q.「会社の同僚・上司先輩」へ
チョコレート何人に贈りますか?(女性)
image
Q.「会社の同僚・上司先輩」へ商品はいくらのもを
予定してますか?(女性)
image
Q.「会社の同僚・部下「会社の同僚・部下からの」から
の商品はどんなスイーツが嬉しいですか?(男性)
image
Q.「会社の同僚・部下・先輩・先輩・先輩」からどんな
ものをもらった嬉しいですか?(男性)※スイーツ以外で
image
Q.「会社の同僚・上司先輩」
にバレンタイチョコートを
どうやって渡しますか?(女性)
image

オフィスのバレンタイン事情について質問したところ、「会社の同僚・上司・先輩」に贈る人数は第1位「~4人(39.0%)」、第2位「5~9人(26.0%)」、「10~19人(26.0%)」という結果に。30人以上に配る強者も1.0%存在しました。また、渡し方については「まとめて購入して配る(50.4%)」が最も多い回答に。職場の仲間でシェアできるタイプのものも重宝されているようです。
一方、オフィスチョコをもらう男性側に「会社の同僚・部下からもらって嬉しいスイーツ」をたずねたところ、定番のチョコレート、トリュフのほかに「ドーナツ(24.9%)」、「ケーキ(9.7%)」もランクイン。バレンタインスイーツの多様化がうかがえます。また、「スイーツ以外にどんなものをもらったら嬉しいですか?」という質問に対しては、第1位「メッセージカード・手紙(36.2%)」という結果に。オフィスチョコにも、日頃の感謝を込めたメッセージを添えると喜ばれるようです。

主婦のバレンタイン事情
バレンタインは「ママ友」との重要なコミュニケーションイベント。商品はコスパ重視。
Q.「ママ友達」へのチョコレートは何人に贈りますか?
(女性)
image
Q.「ママ友達」へ贈る商品はいくらのもを
予定していますか?(女性)
image

主婦のバレンタイン事情について質問したところ、「ママ友達」に贈る人数は第1位「~4人(61.0%)」、第2位「5~9人(30.0%)」、第3位「10~19人(7.0%)」という結果となりました。ご近所のママ友達や子どもの同級生ママなど、ママ同士のコミュニケーションにおいても、バレンタインは重要なイベントであることがうかがえます。

男女のギャップ
男性は「高価なもの」より「メッセージ・手紙」や「一緒に過ごす時間」を求めている!?
女性は、ホワイトデーのお返しに“3倍返し”を希望!
①値段について
Q.「本命の人・彼女」からもう商品はいくらのもを
期待しますか?(男性)
image
Q.「本命の人・彼氏」に贈る商品はいくらのもを
予定してますか?(女性)
image

バレンタインに対する男女の違いについて調査したところ、「本命の人・彼女」からの贈り物には大きな意識差が。贈る側(女性)は、約7割の人が1,000円~3,000円の費用をかけたものを贈ろうとしているのに対し、もらう側(男性)は、半数近くの人が1,000円以内のものを期待しているという回答となりました。「本命だからといって、高価なものを求めるわけではない」という、意外な実態が浮き彫りになりました。

②プレゼント内容について
Q.どんなものをらったら嬉しいですか?(男性)
※スイーツ以外で
image
Q.「妻」から、どんなものをったら嬉しいですか?(男性)
※スイーツ以外で
image
Q.「夫」にあげるのは、どようなプレゼントですか?
(女性)※スイーツ以外で
◎バッグ
◎財布
◎ゴルフ用品
◎マフラー
◎洋服
◎下着
など
Q.「娘」から、どんなものをったら嬉しいですか?(男性)
※スイーツ以外で
image
Q.「父」にあげるのは、どようなプレゼントですか?
(女性)※スイーツ以外で
◎ワイシャツ
◎ネクタイ
◎靴下などの身につける小物
◎洋服
など

スイーツ以外に、バレンタインに贈るプレゼントについてたずねたところ、ここでも男女間のギャップが現れました。女性が「夫」に贈るものには、「バッグ」、「財布」、「マフラー」などの回答が挙げられる一方、男性が「妻」に期待しているものは、第1位「一緒に食事(29.5%)」という結果に。ご主人は、物ではなく奥様と一緒に過ごす時間を求めているという、心温まる傾向が見られました。
「娘」から「父」への贈り物については、娘側からは「ワイシャツ」、「ネクタイ」、「小物」といった日常で使いやすいプレゼントが挙げられましたが、父親側の回答は「メッセージカード・手紙(64.5%)」が圧倒的に第1位という結果に。バレンタインは、普段なかなか言いづらいお父さんへの感謝の言葉を、そっとメッセージで贈る良い機会なのかもしれません。

③お返しにつて
Q.ホワイトデーに、いくらのお返しを期待ますか?(女性)
Q.ホワイトデーに、いくらのお返しを期待されてると思ますか?(男性)
  女性 男性
  あげる予定
金額(平均)
お返しに期待する
金額(平均)
あげた金額の
何倍を求めるか
期待されていると思う
お返し金額(平均)
女性が期待する
額との差
本命(彼氏・彼女) ¥2.491 ¥8.244 約3.3倍 ¥5,922 ¥ −2,322
仕事関係 ¥1,060 ¥1,081 約1.0倍 ¥1,706 ¥625
夫・妻 ¥2.189 ¥7.073 約3.2倍 ¥5,664 ¥ −1,409

ホワイトデーのお返しに期待する金額について女性にたずねたところ、「本命・彼氏」からの平均金額は「8,244円」、「仕事関係」からの平均金額は「1,081円」、「夫」からの平均金額は「7,073円」という結果となりました。
「本命・彼氏」、「夫」に期待する金額は、バレンタインにあげた額の約3倍!男性はお返しにも手を抜けませんね。

【調査概要】
■調査方法:KKDJの会員サービス『Friends of Krispy Kreme』のシステムを利用した』WEBアンケート方式で実施
■調査対象:KKDJの会員サービス『Friends of Krispy Kremeの10歳~59歳男女(全国)
■回答数:2,000人(男性人1,000人/女性1,000人)
■調査実施日:2014年1月24日(金)~2014年1月26日(日)

【参考情報】
以上のアンケート結果を受け、KKDJでは「友チョコ」「オフィスチョコ」「ファミリーチョコ」には、みんなでシェアできる『チョコリッチダズン』を、お世話になった人や大切な人への「感謝チョコ」には、メッセージを添えられる『チョコリッチボックス』をおすすめしています。期間限定2月14日(金)までの、バレンタインのパーティーやギフトにぴったりの商品です。

アンケートではまとめ買いが約5割。オフィスバレンタイやイベントに!みんなでシェアして盛り上がる!
【チョコ リッチ ダズン】

ジュエリーみたいなチョコレートドーナツのリッチコレクション。特別なチョコレート味の生地で作った3種とチョコ リッチ ダズン限定の1種がオリジナル・グレーズド®と並ぶボックスを、大好きな人たちとご一緒に。

image オリジナル・グレーズド®×4個
キャラメル&チョコ リッチ クリーム×2個
ラズベリー ジェリー&チョコレート×2個
ローストアーモンド&チョコレート×2個
チョコレート ケーキ&ストロベリー×2個

販売期間:2014年1月8日(水)~2月14日(金)
販売価格:12個入 2,000円(税込)

※『チョコレート ケーキ&ストロベリー』は
 『チョコ リッチ ダズン』だけの限定販売品です。
  単品販売はいたしません。

実は男性がほしかった!手書きメッセージ付ボックス。感謝の気持ちをメッセージに添えて
【チョコ リッチ ボックス】

image バレンタイン期間限定のドーナツギフトボックス。
特別なチョコレート味の生地で作った“チョコ リッチ コレクション”3品から
お気に入りの2品を選び、大切な人にメッセージを添えて。

販売期間:2014年2月1日(土)~2月14日(金)
販売価格:600円(税込)

※“チョコ リッチ コレクション”3品
(「キャラメル&チョコ リッチ クリーム」「ラズベリー ジェリー&チョコレート」
「ローストアーモンド&チョコレート」)の中から2品お選びいただけます。
※コーヒーS(ホット・アイス)1杯プレゼントチケットおよびメッセージカード付
※ボックスの写真はイメージです。

【『ダズンボックス』とは】
ドーナツが横に並んで入っている、KKDの『ダズンボックス(Dozen Box)』。この特徴的な12個入りの箱には「Share A Dozen.」=店内、ご家庭、職場や学校でも、「家族、友人、仲間と、あらゆる場面で、楽しく心温まるすばらしいひと時をシェアしてほしい」というKKDの思いが込められています。

【KKDとは】
KKDは、代表的な『オリジナル・グレーズド®』ドーナツを中心に、高品質のスイーツを提供するリーディングブランドです。米国ノースカロライナ州ウィンストン=セーラムに本社を置き、1937年の創業以来、最高の品質のドーナツとこだわりのコーヒーを提供し続けています。米KKDは、数十年にわたりファンドレイジングプログラムを通じて学校や非営利団体の資金調達に協力しています。
2014年1月現在、KKDは世界中で約810店舗を展開しています。URL:www.krispykreme.com
2006年6月、ロッテとリヴァンプは共同で、米KKDとフランチャイズ契約を締結し、KKDJを設立。同年12月に国内における1号店をオープンし、現在に至ります。

【KKDJ会社概要】
会社名  :クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社
代表者  :代表取締役社長 岡本 光太郎
本社所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-10-13 渋谷Rサンケイビル 8F
設立日  :2006年6月
資本金  :2.5億円
業務内容 :ドーナツの製造・販売
URL   :http://www.krispykreme.jp